これからの
お墓のデザイン

「これからのお墓のデザイン」

開放的な空間で故人を偲ぶ
墓地型納骨堂

開放的な空間で故人を偲ぶ墓地型納骨堂

お墓は、家族構成やライフスタイルの変化から、これまでの「故郷のお墓を代々継ぐもの」から「現在の居住地の近くで自分らしいものを」という考えが増えてきています。
こうしたニーズに応える形で、人気となってきているのが遺骨を屋内で管理する「納骨堂」です。
これまでの納骨堂は、交通の便に優れ、天候にも左右されない反面、デザイン性に乏しく、屋内がための閉塞感により、お墓参りへの違和感を感じることがネックでした
そこで、納骨堂のメリットを活かしながらも、「屋内でありながら、自然光がふりそそぐ開放的な環境。そしてゆとりある広い墓所で、ご遺族がゆったりと故人を偲ぶ’古き良きお墓参り’をしていただけたら。」との願いをこめてデザインしたのが、これからのお墓「墓地型納骨堂」です。

私たちが提案する
墓地型納骨堂の特徴

  • 納骨堂、墓地双方の
    メリットを融合した
    これからのお墓

    天候に左右されない、管理が楽といったメリットはそのままに、従来型納骨堂のデメリットである閉塞感を解消した設計で、一般墓地のような墓石デザインが可能に。通常の墓地とは比較にならない、10㎡〜30㎡のゆったりとした広さの墓所にて、大切な方との語らいのひとときをお過ごしいただけます。

  • 自然光を取り入れた、
    明るく開放的な室内環境

    今回のために、トヨタL&Fとカロート同様床下に納骨するシステムを開発。これにより壁が不要となり、自由な空間演出が可能となりました。従来型の納骨堂では実現不可能だった、自然光をふんだんに取り込んだ開放的な室内環境を実現しました。

  • 細部にまでこだわった
    デザイン

    数多くのリゾートホテルや商業施設の設計実績を踏まえ、参拝のタイミングや動線までもシミュレートするなど、使う人の立場で細部に気を配ったデザインがもたらす上質な空間で、大切な方との語らいのひとときをお過ごしいただけます。

これまでの
納骨堂との違い

これまでの納骨堂との違い
これまでの納骨堂との違い
  • ご遺族が気軽に大切な方とのひとときを過ごす憩いの場でありたい

    古来より、日本のお墓は居住地の近くにあり、折りに触れ花や供物を供え、故人を偲んできました。ライフスタイルが変わった現代では、居住地が墓とは遠くなり、年に一度、墓参りのために帰省する方が少なくありません。ともすれば、当初は足繁く通っていたものの、次第にその回数も減り、気づけば数年墓参りしてないという方が多いのではないでしょうか。
    私たちは、お墓が、ご遺族の身近にあり、お盆や命日に限らず、記念日や嬉しいとき、悲しいときなど、いつでも故人に会いに来てお話ができる、そんな場所であるようにとの願いを込めて墓地型納骨堂をデザインしました。
    私たちの納骨堂は、上質なデザインや最新の技術による快適性や安心性を備え、故人とご遺族が心安らぐ場となることをお約束します。

  • ご遺族の満足度向上で、安定した寺院経営のお手伝いをいたします

    近年、菩提寺をもたないという方も増え「寺院が選ばれる時代」となり、檀家収入の低下を招いています。その一方で、深刻な墓不足により納骨堂のニーズが高まっている現状も。
    そうした背景を踏まえ、都内では複数の納骨堂が計画され、実現してきました。
    これからは、見た目だけではなく質にこだわった納骨堂が必要であり、選別の時代となっていきます。
    私たちは、寺院の皆様と共に、本当にご遺族のため、故人のために、墓地型納骨堂をはじめ、「これからのお墓」として皆様にご満足頂ける、利便性や安心性はもとより、細部にまでこだわったデザインによる上質な空間を提供し、ご遺族が大切な時間をすごしていただく場を作っています。
    私たちは、納骨堂計画を通じて、故人・ご遺族の満足度の向上がより多くの檀家の皆様とのご縁をつなぎ、さらに寺院と檀家とのつながりを深め、ひいては安定した寺院経営につながるお手伝いをいたします。

私たちが手がけた
墓地型納骨堂のご紹介

  • 受付ICカードシステム

    エントランス・ロビー

    ご来館なさる方がゆったりとおくつろぎいただけるよう、木と自然石が調和した開放感あふれる落ち着いた空間となっています。

  • エントランス&ロビー

    受付ICカードシステム

    受付にはトヨタL&Fが開発したICカードシステムを採用し、プライバシーにも配慮。ICカードをかざすだけで、自動で参拝場所まで厨子が運ばれてきます。

  • 外観

    和型参拝ブース

    大きな墓石とゆったりとした参拝スペースを確保しました。格子で仕切られ黄金色に輝く背面パネルと玉砂利が趣を演出しています。

  • 特別室参拝ブース

    自動搬送厨子

    ICカードで呼び出された厨子が墓石の下に運ばれてきます。上部には故人の遺影や戒名、メッセージなどを映すことができるモニターが設置されています。

  • 参拝スペース

    参拝スペース

    明るい外光を取り入れた参拝ブース。カロートを墓石下に配置することで、自由な設計が可能となり、開放的な空間となりました。

  • 洋型ガーデンブース

    洋型ガーデンブース

    花と緑に包まれる庭に、白く大きなデザインの墓石が調和。上品さと気品を感じさせる広い参拝スペースとなっています。

  • 特別室参拝ブース

    特別室参拝ブース

    専用のアプローチを抜けた先に佇む、金色に輝く屏風と高級墓石の個室です。プライベートな空間でゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

  • 外観

    合祀墓

    継承者がいないなどの理由で合祀を望まれる方のお墓です。

  • 特別室ラウンジ

    特別室ラウンジ

    特別室をご契約の方専用のラウンジを設置。ご参拝の前後に皆様で語らいのひとときをお過ごしいただけます。

  • 法事室:中ホール

    法事室:中ホール

    四十九日法要や、一周忌・三回忌など故人を弔う法事の儀式と、故人の思い出を語らう会食の場としてご利用いただけます。

  • 家族葬用ホール

    家族葬用ホール

    ご家族だけ葬儀を行うのに適した広さのホールです。花とキャンドルで彩り、ご自宅での葬儀と同じようにお過ごしいただけます。

  • 和室

    和室

    葬儀の際の控室として和室をご用意しております。快適にお過ごしいただけるよう、洗面、浴室もご利用いただけます。

私たちは、納骨堂計画を
トータルでサポートします

納骨堂計画は、ただ建物を建て、装置を入れ、内装を整えるといった単純なものではありません。納骨堂を作るには、さまざまな法規制・許認可など、数多くのハードルがあります。また、建設、内装、装置、石材店などといった多くの関係者をとりまとめ、プロデュースすることも必要です。
そして何より、どんな弔い方がよいのか、利用者目線に立ち、細部にまで気を配った仕事をするというマインドをもっていなければならないと思っています。
私たちは、これまで納骨堂許認可に長年携わってきたメンバーや、顧客の立場を考え抜いたデザインで、ホテル、百貨店など建物を作ってきた建築家による納骨堂計画のスペシャリスト集団です。
故人やご遺族、みなさまに満足いただける、「これからのお墓のデザイン」をご提供いたします。

STARに、ご相談ください

有限会社エスティエーアール

会社紹介

STARは「クライアントの課題を美しいデザインで解決する」をミッションに、クライアントの事業への洞察と発見により、その課題解決のためのデザインに取り組んでまいりました。
これまで数多くの住宅、店舗、リゾートホテルをはじめ、寺院・納骨堂の建築設計、内装、インテリア、アートコーディネート、ディスプレイなど、空間デザインをワンストップで提供し、高い評価をいただいています。

社 名 STAR(有限会社エスティエーアール)
代 表 佐竹 永太郎
設 立 2002年
TEL : 03-3914-8404
FAX : 03-3914-8412

お問い合わせ

企業名
部署名
担当者名必須
フリガナ必須
電話番号
メールアドレス必須
メールアドレス(確認用)必須
郵便番号必須
ご住所必須
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
お問い合わせ内容必須
送信確認必須